「さようなら、カニ選手」

インターネット黎明期より活躍していたカニ選手が、今朝引退した。

最盛期はaからzはおろか、数字や記号まで、すべてのポジションを守ってきたが、もっと他の指に活躍の機会を与えたいと、自ら申し出、勇退の形をとった。

最後の試合は、イータイピング。往時の記録には遠く及ばなかったものの、スコアAは死守した。

「これからは他の指にも頑張ってもらわないと」。

今後は、おもに8lk.3edc周りを担当し、コーチとして他の指の育成に励む。

カニ選手

インターネット黎明期より、キーボードの主力選手として活躍。得意のカニさん打法で、卒論から就活、本の執筆まで各時代を駆け抜けてきた。一方で、その打法は常に賛否を巻き起こしていた。

08年には、カニ選手がタイピング監修した映画『DESUNOTE L chance the world〜』が公開され、カニさん打法は一世を風靡した。