インタビュアーになろう#StayHome特別編公開中

見田宗介さん(社会学者、東大名誉教授)「想像力の振り幅を広げる」インタビュー

日本を代表する社会学者のひとりである、見田宗介さん。現代社会の分析、比較社会学等の研究を行い、言論の射程は社会事象のほか文学、歌謡曲やテレビ番組などの大衆文化にまで広がりを持っています。最近、自身の著作を厳選してまとめた『定本見田宗介著作集』を完成させた見田先生に、幼少時に影響を受けたエピソードから、自由について、そして本の未来について伺いました。

こんな話をしています……

ひとつの立場だけで物を見ちゃいけない、逆の立場から見ればそっちが正当になる

だいたい全部肯定しちゃうんです。それで「お前は恐怖の肯定男だ」と言われた。でもそれが僕の立場なんです
一度仮に認めた上でないと相手を理解できないんです。理解した上で批判するのが本当の批判だと思っています

見田宗介(みた・むねすけ)氏プロフィール
1937年東京都生まれ。筆名、真木悠介。社会学者、東京大学名誉教授。1960年、東京大学文学部社会学科卒業。1965年、同大学院社会学研究科博士課程を満期退学。同大学教養学部で講師、助教授、教授を歴任し、多くの学生、研究者の指導にあたる。1998年に退官し、その後共立女子大学教授を務める。東大の超人気ゼミだった「見田ゼミ」を通し、現在活躍中の思想家、社会学者たちに多大な影響を与えてきた。近著として、60年代から刊行されてきた多数の著作をまとめた『定本見田宗介著作集』が刊行された。

社会の見晴らしを良くする


――『定本見田宗介著作集』が完成しました。

見田宗介氏: 最後の巻は1月に完成しました。今回は新しいものを大きく付け加えたものもあります。僕は現代社会論とか、比較社会学、未来社会論などをやってきたので、バラバラに見える仕事全体のつながりがどうなっているのかということがわかるように巻を並べて、そのつながりの説明をかなり書き足しました。楽しい仕事だったので、そんなに苦労したということもありません。今度の本は、自分が好きなようにどんどんやっていったものですね。僕は凝り性で、巻の構成やデザインで、編集者やブックデザイナーの方々に尽力いただいて、大変ありがたいと思っています。

――「真木悠介」の名義で書かれた著作もまとめられています。

見田宗介氏: 僕は本名の見田と、真木悠介で書く時は、思いというか、訴える心構えが少し違っています。真木悠介で書く方はあんまり読者を意識しないで、読まれなくてもいいから、自分が一番書きたいことを、誰かわかってくれる人がいればいいという感じで書いて、見田の方では、メディアに応じて具体的な読者を思い浮かべて書くんです。

見田で書く時考えるのは、なるべく若い読者に読んでほしいということです。今度の定本に入れたのは、50年間の仕事で、今の若い人が読んであんまり面白くなさそうなのは全部捨てちゃったんです。あとは書き方や造語も、今の若い人向けに書き換えたりしたものがあります。

未来を担っていくのはやはり若い人たちですからね。特に20代前半ぐらいまでというのは人生がまだ決まっていないんですね。だから、これから僕の本を読んで何かを参考にして、これからどういう生き方をするかとかいうことに役に立てればいいと思っています。

――若い世代に向けて。

見田宗介氏: 中高年になってしまうと、今更「これからこういう生き方を」と言っても、もう遅いということもありますからね。ただそういう人でも、気持ちが若ければいいので、冗談でよく「精神年齢が18歳の人であれば読んでほしい」と言っています。

そしてそれは「道しるべ」とか「羅針盤」ということではなくて、参考になればという気持ちからです。例えば僕の場合、近代世界以外の、インドやメキシコ、ブラジルなどを旅して歩いたので、「こういう世界もあるんだ」と感じていただきたい。「想像力の振り幅を広げる」ということで、これから若い人が社会のあり方を想像する時の材料の幅を広げるというような感じです。日本やヨーロッパ、アメリカにいてはなかなかわからないような世界というものを考える材料として提供するということが、考えの1つです。

もうひとつは、見晴らしをよくするということ。つまり、これから現代社会がどうなっていくかということについて、展望を開いておく。見晴らしが良くなった上でどういう方向を選ぶかということは当然各人の自由です。「こういうことを続けて行けば世の中こうなるんだよ」とか「必然的にこういうふうにはなるんだよ」というような、未来に対する見晴らしをよくするだけで、「こっちに来い」とか「あっちがいい」ということを述べるつもりはありません。

ヒーローの視点、悪役の視点


見田宗介氏:
 僕は1937年生まれですから、子どもの頃はまさに戦時下で、うちの本がほとんど戦災で焼けてしまいました。偶然焼け残った中に『シェイクスピア全集』というのがあったんです。坪内逍遥が訳した古いもので、仮名が振ってあるんですよ。シェイクスピアの作品は、本物とわかっているのが37編ぐらいあるんですけれども、そのうちの21ぐらいが家にあって、それしか本がないものだから、ずいぶん読みました。9歳、10歳ぐらいの時です。非常に深いところで影響を受けたと思います。子どもの時だからほとんど筋書きとか名前は忘れちゃったんですけれども、その雰囲気は覚えているんです。

1980年代ぐらいに僕が大人になってから、色々現代文芸批評のきらびやかなシェイクスピア解釈を読んで「ああ、僕のシェイクスピアの理解というのは本当に幼稚なものだったな」とわかったんです。だから、専門家が読む読み方ではなくて、ただ子どもとして面白いから読んだだけですね。

結局シェイクスピアがなんで面白いかというと、主人公のヒーローだけじゃなくて、悪役とか脇役がたくさんいますね。その悪役とか脇役も全部いきいきとしているわけですよ。平凡な作家だったら主人公だけが立派で、悪役はただ悪いとか、脇役は適当に書いてある。でもシェイクスピアの作品では脇役も端役もそれなりの価値観を持って生きているわけですね。悪役からどう見えているかとかも書いてあるし、端役の人もなかなか哲学的なことを言ったりするんです。『ハムレット』に出てくる墓堀人とかも非常に深いことを言っているわけですね。

だから、人間というのはその人の性格とか立場によって世界の見え方が全然違う。ひとつの立場だけで物を見ちゃいけない、逆の立場から見ればそっちが正当になるんだな、という感覚みたいなものが、僕が影響を受けた点じゃないかと思うんです。「世界は舞台」というのは『お気に召すまま』の有名なせりふだけど、世界には色々な登場人物がいるわけですね。悪役と言われている人も、脇役も端役も、無名の民衆もいる。だけどそれぞれ精いっぱい生きているんですね。

次ページ⇒「恐怖の肯定男」は社会をどう見たか

1 2 3