プログラミングと外国語、あるいはノーコードと自動翻訳

SNSのタイムラインに「2030年で消える職業」が挙げられていた。その中にプログラマーがあった。90%台の高確率。2030年より早いか遅いかわからないけれど、たぶんそうなるだろう。というより「プログラマー」の定義が変わる。

けれど、学びを止める理由にはならない。外国語と一緒で、英語や中国語は近い将来たぶんほぼ同時通訳レベルが実現されるけれど、自分が話せることとは、また別の問題だから。仕組みを知るのは楽しい。

基本的に自分の行動の源泉は「知りたい」から来る。けれど、人生には限りがある。

その中で選んだ、目下人生で身につけたいスキルは、

プログラミング、漫画、楽器(ラワープ)演奏、外国語(ずっと学び中)

スキルは手段なのだけど、それ自体が楽しめるようになれば無敵だ。