土田直東さん(越前、土直漆器)「世の中の声を聴くものづくり」

世の中の声を聴くものづくり

越前漆器の伝統技術を活かし、自由な発想で現代の生活にあった食器を手がける土直漆器。長年の伝統技術を伝える創業者、土田直(すなお)さんと、それを受け継ぎ新しい発想でつなぐ二代目の直東(なおと)さん。直東さんはレコード店でのバイヤー時代の経験を活かし、「世の中の声を聴く」ものづくりで、時代に沿った越前漆器の魅力を探り、広げています。「伝統は伝承ではない」と語る土田さん親子の、未来に向けた越前漆器のものづくりとは。

「はじめ」から「あがり」まで

――越前漆器の産地、鯖江・河和田にある工房にお邪魔しています。

土田直氏:  もともと私の家は、木炭業を営んでおりました。ここ河和田は冬場、雪深い山間にある集落で農業には向いておらず、男は山から得られる木材を利用して木炭や、漆器づくり、女は機織りで生計をたてると決まっていました。 「木炭業では、年の三分の一は仕事ができないから、年中働ける漆器にしよう」。私は15歳で、この世界に入りましたが、この地で生活していく者の、自然の成り行きからでした。親方に弟子入りして、数年間の丁稚奉公。一年間の御礼奉公を経て、越前漆器の塗り師として、独立しました。 越前漆器は、素地、下地、塗り、蒔絵と工程ごとに分業制となっていましたが、「最初から最後まで品質を管理して、すべてに責任を持ちたい」と、昭和54年、一貫した制作体制を持つ、株式会社土直漆器を開業しました。塗り師として越前漆器に携わって50年以上、世の中の流れも生活様式も随分と変化しましたが、私も会社も、時代とともに成長させていただきました。

土田直東氏:  私は、生まれも育ちもここ河和田で、高校まで野球三昧の生活でした。高校卒業と同時に、家業を継ぐ選択肢もあったのですが、もう少しいろいろな世界を覗いてみたいと、東京で大学生活を送っていました。 専修大学の経営学部に進んだのですが、勉強よりも社会勉強としてのアルバイトに夢中でしたね。大学3年のころにはじめた、大手レコード店でのアルバイトを、卒業後はそのまま契約社員という形で、しばらく働いていました。バイヤーとして、仕入れも担当していたのですが、当時は音楽CDの売れ行きも好調で、渋谷と言う場所柄、最先端の移り変わりをレコード店の店員として感じることができました。

世の中の声を聴くものづくり

土田直東氏:  親と交した約束の年もとうに過ぎ、ある程度やりきったところで、東京からこちらに戻り、家業に携わることになりました。幼いころに、現場は見ていましたが、本格的に漆器づくりに関わるのはこの時がはじめてで、当時は、とにかく追いつかなければと、焦っていました。 「ヘラも作れなければ、一人前になれない」ということで、最初は、漆器づくりの基礎である下地の、さらに前段階の「道具づくり」からはじまりました。ヘラを作るためには、小刀で削らなければいけないのですが、その小刀もまともに扱えなかったので、最初はひたすら刃を研いでいました。

――まずは道具と仲良く。

土田直東氏:  道具と仲良くなり、少しでも早く漆器づくりを手がけるようにならなければと、必死でしたね。バイヤーのころは、誰かが作った「既にある」商品を目利きで売るのが仕事でしたが、今度はそれをイチから作ると言うことで、いろいろと戸惑いもありました。 特に最初のころは、作りたいものと、自分の技術が追いつかず、またそれをどのようにお客様に見ていただき、届ければ良いのかといったこともわからず、苦労しました。多くの失敗を繰り返しながら、会長(父)にも先輩にも手取り足取り、時には怒られながら学んでいきました。 少しずつ、塗りも下塗りから中塗り、上塗り本塗りと工程を覚え、学んでいきました。今もそうですが、うちの特色のひとつが、教育体制で、早く上達できるのが一番と、ベテランの人もきっちり教えてくれます。そうやって学んで、徐々に漆器づくりを体に覚えさせていきました。今、私の役割は、会社の仲間たちが一所懸命作ったものを届けていくことで、作り手として四六時中現場にいることは叶いませんが、それでも暇さえあれば塗っています。 ここ5年、10年の間にお客様の好みも随分変化してきました。要望に合わせて最適のものを提供するのは、バイヤー時代に培った「世の中の声を聴く」経験が活きています。

「使ってもらってなんぼ」 伝統は生活の中で進化する

――伝統技術を現代の生活に融合させています。

土田直東氏:  代官山の蔦屋さんの文具コーナーにも置かれている蒔絵を施したiPhoneケースなど、従来の越前漆器の販路にはなかったものを広げています。祖父の名前を冠した食器「直右ヱ門」シリーズは、布着せや蒔時、木地呂塗などの先代からの技術の継承と、現代の生活にマッチさせた製品です。「堅牢」シリーズも、文化財の修繕にも使われる技術を用い、「食器洗い洗浄機でも1000回持ちこたえられる」という文字通り堅牢さを売りにしたもので、鯖江市の学校給食の器にも使用されています。

土田直氏:  私のころは、食生活をとりまく環境も、お膳にあぐらといったスタイルで、和食器が主流でしたが、今は椅子にテーブル。食事も和食だけではありません。洋食にも合うようなスープのお椀なども、手がけています。器や食器は「使ってもらってなんぼ」です。そうした食生活の変化に、我々も変化していく必要があると思います。「堅牢」の時も、食器洗浄機の時代に合わせたものですし、そのころと今では、漆に対する使い手の好みも随分変わったように思います。 その中で変わらないのは、使ってくださるお客様との関係。うちは個人のお客様から、ホテルや旅館、料亭、レストランなど企業のお客様までさまざまですが、新しくお届けするだけでなく、長年使っていただくために、修理ももちろん受け付けています。

――長く、使って欲しい。

土田直東氏:  漆器の魅力は、使い手が感じる経年変化にもあります。使えば使うほど、柄が色鮮やかに浮き出てくるものもありますし、使い方によって味が出てくること自体を楽しんで欲しいですね。

伝統は伝承にあらず

――新しい取り組みで、越前漆器の魅力を広げられています。

土田直氏:  私は平成25年より、日本漆器協同組合連合会の理事長を務めさせていただいておりますが、今、漆器業界が一丸となって、ユネスコの世界文化遺産登録に向けて動き出しています。新しい取り組みや、産地の垣根を越えた協力で、漆器業界全体の活性化につなげたいと思っています。内側だけの目線ではダメなのです。

土田直東氏:  福井県には、越前漆器以外にも越前和紙、若狭めのう細工 、若狭塗、 越前打刃物、越前焼、越前箪笥と七つの国指定の伝統工芸品があるのですが、ここでも後継者不足は他人事ではありません。そこでひとつの産地だけでなく、みなで協力してアクションを起こしていこうと、立ち上がったのが「福井七人の工芸侍」です。 それぞれの産地には優れた技術を持ちつつも、その成果を見せる作品づくりを手がけたことがない職人さんもたくさんいて、そうした方たちに向けた伝え方、見せ方を共有する勉強会を開いています。またメンバーは伝統的工芸品の全国大会に出展したり、各種メディアへの取材を受けたりと、それぞれの魅力を発信しています。 鯖江の産地としての魅力は、伝統技術だけではなく、工業製品の産地として、プラスチックの形成やウレタンなどのスプレー塗装などの業務用の技術も持ち合わせているところです。そうした伝統と現代の技術の融合がしやすい土壌が、新しい取り組みを後押ししてくれています。この誇れる産地で越前漆器に携われる喜びを感じながら、私たちならではのものづくりを、これからもおこなって参りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です